イヤリングの修理

先日、

手元にイヤリングの片方だけ戻ってきました。



Cimg4452




以前、

長浜のTuRu Legendさんというお店で、

Aさんが、このイヤリングを買って下さっていました。



とても気にってお使い頂いていたそうなんですが、

片方失くしてしまったとの事。

かなり落ち込んでおられたそうです。




しかし後日、

Aさんの娘さんが、

イヤリングの作者=私だという事を偶然に発見されました。






なんと!、お互いの共通の知人が居たんです(^-^)



共通の知人のワークショップの記事を見て、発見されたそうです。


世間は狭いと思った瞬間でした(笑)







Cimg4454_2

うまく同じ木の在庫もあったので、もう一方のパーツを作りました。









Cimg4457

無事に復活!

これでまた楽しんで頂けそうです(^-^)




と同時に、

大事に使って頂き、有り難く思いますm(__)m








この記事へのコメント