手作りの石鹸

こんばんは。

                                                                    

今日は同じ長浜市在住で手作りの石鹸を作ってらっしゃる

Sopoさんのご紹介です。

                                                                 

様々な種類のオイルや素材を独自に調合されています。

石鹸とはいえ、一つ一つの完成度がとても高く、

鮮やかな色彩とセンスの良さです。

もはやただの石鹸ではありません。

並べておいて置けばインテリアにもなりそうなアート作品です。

【個人的にアートという観点から気に入っているものを一部抜粋させてもらいます。】                                                                    

Photo Photo_2 Photo_3

流れ星        パンの耳       かぼちゃのおばけ

それぞれに作品名も付いています。

見た目もとても奇麗なのですが、実際使ってみると

洗った後も手がしっとりとしていて市販の石鹸とは全然違いました。

そして、一番驚いたのは

ずっと使い続けてだんだん小さくなってきても柄が消えないんです。

多分、金太郎飴のようなつくりになっているんでしょう。

なので、最後まで楽しめます。

                                                                  

視覚だけではなく、もちろん香りがあるので嗅覚でも楽しめます。

芳香剤代わりに、暫くは香りを楽しんでから使ってもよしです。

香りで選んでお求めの方も多いと思います。

(香りは画像と文章だけでは伝えられないのが残念ですが・・・)

                                                                

香りのコンセプト・デザインのコンセプト

一つ一つに込められたSopoさんの想いが

作品に詰まっているのが良く分かります。

Sopoさんのサイトです。(作品画像の背景も意識してご覧下さい。)

   ↓  ↓  ↓

手作り石けんのお店 Sopo

よく、

“作品は作家さんの人間性がそのまま反映されている”

と言われる事が多いですが、

Sopoさんの作品とサイトを見ると、よく伝わってきませんか?

1枚1枚の画像の細部にまで意識されています。

実際、ご本人も真面目で、気配りが利いて、頭の回転も早い方です。

(あんまり褒めてばっかりだと逆に居心地悪いかも知れないので・・・

見た目は“のほほ~~ん”って感じと言っておきましょうか:笑)

どこかのイベントで出展される際は、

是非、手に取って作品を五感で感じてみて下さい。

新作紹介やスケジュールなどはSopoさんのブログ

  ↓  ↓  ↓

  日々のあわ

                                                                        

                                                                 また、追々

知人の作家さんを順にご紹介していければと思っています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック